高速バスと鉄道の料金比較してみた

高速バスと鉄道は料金やサービス面で常に比較の対象になります。

特に高速道路網が発達している地域では、高速バスに軍配の上がる地域が多く鉄道路線が縮小されていくようなケースもあります。

よく比較対象となるのは特急列車と高速バスです。

特急列車は普通列車と異なり特別料金がかかります。

この合計金額とバス代が競るような金額に設定されています。

最近では、高速道路網や高規格道路が整備されてきたこともありバスが急激にシェアを伸ばしてきています。

一方で、バスのデメリットとしては定時制の部分で不安視されることがあります。

特に冬季の積雪がある時や大都部での渋滞などが発生した時には提示に到着することが難しくなります。

こうした時間の面では鉄道路線に軍配が上がる部分が多く、今日でも競争が続いています。

価格と時間という2つのメリット、デメリットを持っている1つの交通手段はお互いに切磋琢磨しながら競い合うことで利用者を獲得しています。

数ある交通手段の中で高速バスというのはとにかく安いというメリットがよく知られています。

一方でもちろんデメリットというものもあります。

やはり安全性の面は気になるという人も多いかと思います。

バスは乗務員の運転技術や体調に任されている部分も大きいですしバス会社を選ぶ際には安全面にどれだけ気を配っているかを最優先にする方が良いでしょう。

それから到着時刻に関してはきっちり合うということが難しいので到着日の予定は余裕をもって組む必要があります。

他には数時間に及び同じような体勢が続くのでその覚悟や対策はしておく方が良いと思います。

最も安い移動手段のひとつとして高速バスが知られていますがそれにさらに加えて往復料金などもあるのでしょうか。

いろいろ調査したところ行き帰りの区間が一緒ならば割引されるということもありそうです。

その適用にはバスでの出発前に予め両方の乗車券を買っておくことが必須なのだそう。

中には割引をしていない路線もあるとのことなので会社を決める前にサイトや電話などで下調べしておくと良いでしょう。

そうは言ってももとから格安料金ではあるのでもしかしたらあるかも、くらいに考えていた方が良いかもしれません。

移動する間の長い時間をどのように使うかというのは高速バスの利用経験者なら考えたことがあるでしょう。

寝ている間に着くという意見もあるかと思いますがどうせなら仕事や趣味に利用したいと考える人もいることでしょう。

調べてみると会社によって無線LANが搭載された車両が選べたりするようです。

仕事やゲームでインターネットを利用したい人にとってはかなり便利ですし、スマホ時代の昨今では求める人も多くなってきているのかもしれませんね。

もちろんこれらをいざ使うとなった場合には光や音の漏れに注意しましょう。

突然スケジュールが変更になったりすることもあるかと思いますが乗車日当日の高速バスでも乗ることはできるのでしょうか?確かめてみますとバスに席があればその日の予約も受け入れてくれるというところも。

夜行バスでは特に乗れる可能性が高いようなので情報がまとめてあるサイトなどを活用して探してみると良いと思います。

何本も運行しているようなバスなら席が取れるかもしれません。

しかしそうは言ってもきちんと予約を取っていなければ乗るのは無理ですので忙しくとも事前にとっておきましょう。

ちょっとネットで検索しただけでもディズニーランド行きという高速バスが多くあることがわかります。

もちろん日本有数のテーマパークなわけですからバスが毎日人を運んでいるのも当然といったら当然かもしれません。

不測の事態さえなければ開園時間前に現地に到着できるのでパークの営業時間をすべて思う存分満喫できます。

さらに料金が安いのでそこに使わなかった分食事やお土産にまわすことができる分も増えますし、今までより一回余分に行けるようになるかもしれません。

たくさんの人に移動手段として選ばれるのもわかりますよね。

女子だけのグループや一人旅でバスを使っての長旅となると防犯的にどうなのかという不安もあるかもしれません。

それでなくてもすっぴんになったり無防備な格好になったりするのでできれば男性の目は気にせずのびのび過ごしたいと考えるのも自然なことかと思います。

そういうときにありがたいのが今人気の女性専用車両なのです。

男女同じ車両でもエリアがわかれている場合もありますが車両まるごと女の人だけというなら楽ちんです。

いろいろ選べるのは嬉しいですよね。

参考:高速バスWILLER TRAVELは安い?超お得!【就活生も安心?】

ニュースで大型車の事故を見かけることがあります。

いつも大体取り上げられ方が大きいので強く印象に残って気になっているという人がほとんどではないかと思います。

高速道路というのは速く走るための道路ですから車は一般道よりスピードのある流れで移動しています。

車は大きいものですとそれだけ運転技術がいりますしスピードが出れば出るほどパワーも恐ろしいほど大きくなります。

実は事故率で見れば特別高いわけではないそうですが運転が人間の技術に依るところが大きな乗り物ということもあり事故となると重大な事態に陥りかねないとも言えるかもしれません。

時間がかなりかかるというのは長距離バスの難点のひとつ。

移動が長くて疲れるから避けるという人もこれらの方法を試してみていただきたいです。

モニターが付いた車両は何もすることがなくてつらいという人向けです。

下を向いて本やスマホを見ると酔うという人でもモニターなら前を向いた状態でいられるので楽しめるのではないでしょうか。

そして座った体勢が続くのがきつい人は腰や首用の簡単な枕を使ったり、または大きく座席を倒してゆったり休めるような広めの車両を選んでみたりしてみてはいかがでしょうか。

トイレ休憩の際にちょっとしたストレッチをすると体が楽になりますよ。

高速バスで移動中に便意を催してしまったら...考えるだけでも恐怖です。

夜行なら普段から寝ている時間帯なので気にしないという人もおられるでしょうが、どれもほぼ乗車時間が数時間を超えますから何度か行きたくなるということもあり得ます。

大抵2時間おきくらいに休憩が入るのでこまめに解消することは可能なのですが、体調不良のために腹痛や車酔いになるなど即座に対処しなくてはならない緊急事態もあり得ないことではありません。

どうしても不安なときはトイレ付きの車両を選ぶと良いでしょう。

バスの中にあると思えるだけでも気分が全然違いますよ。