プロミスの審査が甘い件をまとめてみた

今日では、インターネットの発展に伴い、様々なことが手軽に利用できるようになりました。 ネットバンキングもその一つで、手数料も安く簡単に手続きできるということで、多数の金融機関がサービスを提供し、利用者が増えています。 キャッシングも同様で、ネット上で手続きを簡単に済ませられるオンラインプロミスのキャッシングが人気になっています。 手続きが簡易化しているオンラインキャッシングでは申し込んだその日のうちに、融資を受けることができます。 プロミスのキャッシングにはカードが必要になりますが、それを手にする前から銀行口座にお金を振り込んでもらえますし、利率もそれほど高くありません。 ただし、審査そのものは店舗申し込みのものと全く同じですから、審査に落ちることも少なくありません。プロミスのキャッシング利用者の中には、もう返済金は払いたくないので踏み倒して逃げようと考える人も珍しくありません。ですが、成功することは稀ですし、何よりリスクが大きすぎます。 具体的な方法ですが、単純に言うと5年間全く借入返済しなければ借り逃げに成功したと言えますが、業者に足がつかないように、それまでの生活をすべて捨てて逃げるしかありません。 しかも、業者側が裁判や差し押さえなどの手続きをとってしまうと、その段階で時効が中断されますし、最長で15年は逃げなければならない可能性もあります。 現実的な方法で問題を解決する道を探したほうがよっぽどマシだと思います。 銀行系プロミスのキャッシングがノンバンク系キャッシングより優れている点は、低金利なことが挙げられます。また、銀行系は総量規制の対象外になります。総量規制とは、融資の金額を年収の3分の1以下にしなければならない規制のことですから、ノンバンク系より限度額が高めに設定されるのも嬉しいポイントです。 もちろん、即日融資もできますし、社会的な信頼度が高いのが銀行系キャッシングの強みでしょう。 さらに、銀行系のプロミスのキャッシングは利用できるATMの数がたくさんあり、最寄りのコンビニATMが使えることも多いので、利便性がかなり高くなります。 とはいえ、その分だけ審査の通過率は低くなり、実際にお金を借りられる確率は低くなってしまいますが、審査で問題がないようであれば、銀行系のプロミスのキャッシングを利用することをおススメします。 キャッシングサービスとカードローンをどう使い分けるのが便利なのか、よくわからず、混同して覚えてしまっている方も少なくないでしょう。大雑把な説明になりますが、数万円から十数万円の借入に適しているのがプロミスのキャッシングで、返済は一括で行われるものが多いです。 対して、大口融資が可能で一括返済ではなく分割して返済するものをカードローンと呼びます。 審査については、借入限度額の低いプロミスのキャッシングの方が緩いことが多く、カードローンは厳しい審査をパスできなければ利用できません。
プロミスは審査甘いの?審査基準をチェック!【審査に通るコツ】